東京文化会館とは

東京文化会館は、「首都東京にオペラやバレエもできる本格的なホールを」と、1961年に開都500年事業として建築されました。東京都交響楽団の本拠地としても有名ですよね。その音響の素晴らしさから、『Tokyo Bunka Kaikan』として世界に知られ、世界中の著名なアーティストによる公演が数多く繰り広げられてきたそうです。

東京文化会館の施設は、大ホール、小ホール、リハーサル室、会議室、レストラン、音楽資料室。大ホールは、クラシック音楽のコンサートやバレエ、オペラ公演に使用されます。5階席まであるのが特徴だそうです。

小ホールは、リサイタルやピアノや合唱などの小人数のクラシック音楽演奏会に適しているとのこと。ほぼ毎日、国内外のアーティストによるコンサートが行われているそうですよ。

有名な『東京音楽コンクール』は東京文化会館の自主事業で、若手音楽家の育成のために行っているのだそうです。このほかにも、子供向けの事業などをたくさん行っています。

都民の税金によって運営されているのだから「理解が得られる運営を」というのがモットーだそうですよ。50周年にあたる今年は、東京都交響楽団による『バースデーコンサート』やその他たくさんの記念事業が行われるそうですから楽しみですね。

文化会館について〜コンテンツ〜

AEDの設置ピアノ発表会横浜アリーナ東京文化会館文化会館の役割お勧めサイト総理大臣官邸などに脅迫メール