文化会館の役割

文化会館は、都道府県や市の自治体の文化施設として運営されていて、県民会館、市民会館、文化ホール、文化センターなどと呼ばれています。地域の人が、音楽や演劇などの芸術を鑑賞したり、自らの創作や発表活動に参加する場として地域の文化活動に大きな役割を果たしているそうです。一般的にはプロセミアム型で客席に段差がある構造になっているようです。

・プロセニアム型
舞台と客席の境界に額縁状のアーチが設置されているもの。袖に幕を張ることで道具を隠したり、照明によって視線を舞台に集中させる利点がある。

私も文化会館で行われた、吹奏楽の定期演奏会やこども演劇クラブの発表、郷土芸能などを観に行ったことがあります。こういう発表の場があると、地域の人たちがどんな活動をしているのかがわかりますよね。こういう意味でも、こういった施設は大切なんだなと思います。

市民コンサートや発表会などのほかにもプロによるコンサートにも使われることが多いようです。理由としては、収容人数がコンサートに適している、各都道府県にあるので全国ツアーなども行いやすい、文化活動施設なので安く使用できるからだそうです。交通の便が良いところに設置されているということもコンサートには適しているそうです。

文化会館について〜コンテンツ〜

AEDの設置ピアノ発表会横浜アリーナ東京文化会館文化会館の役割お勧めサイト総理大臣官邸などに脅迫メール